藤次郎 サーモンナイフ355mmF-817 【まとめ買い10個セット品】 ぬくもり小判型6.0鉢 【開業プロ】

藤次郎 サーモンナイフ355mmF-817 【まとめ買い10個セット品】 ぬくもり小判型6.0鉢 【開業プロ】

サッカー専門新聞ELGOLAZO web版 BLOGOLA

サッカー専門新聞ELGOLAZO web版 BLOGOLA

【信用第一、品質第一】藤次郎 サーモンナイフ355mmF-817 【まとめ買い10個セット品】 ぬくもり小判型6.0鉢 【開業プロ】

藤次郎 サーモンナイフ355mmF-817 【まとめ買い10個セット品】 ぬくもり小判型6.0鉢 【開業プロ】新作

[神戸]J1通算100試合出場に王手、決意を語る神戸DF岩波拓也。「チームを勝たせるプレーヤーになりたい」



 神戸のDF岩波拓也がJ1通算100試合出場に王手をかけている。記録達成の懸かる30日のJ1第28節・新潟戦を前に、心に宿した強い気持ちを明かした。
 神戸の下部組織で育ち、高校3年のときにプロ契約した岩波。12年の第29節・清水戦でJ1デビューを飾り、15年からは背番号5を背負い、神戸の主軸CBとして出場を続けている。
 26日の練習後に岩波は「もう一つ上のレベルに行くことを考えている。試合に出るだけではなく 、チームを勝たせるプレーヤーになっていきたい。今までは周りに頼っている部分もあったけど、チームを引っ張る存在になっていきたい。J1には300試合とか、500試合とか出場している偉大な選手がいる。そこを目指していきたい」との決意を口にした。
 ここまでのキャリアを振り返ったとき、ベストゲームと呼べる試合は幾つもあるという岩波だが、「印象に残っているのは昨季のアウェイG大阪戦」だという。その理由は「リオ五輪で試合に出場できずに帰って来て、一番勝ちたかった試合。自分の中で燃えた試合だった」と説明した。
 昨年開催されたリオ五輪のメンバーに選出された岩波だが、ピッチに立つことは叶わなかった。その際には「サッカー人生で一番悔しい時間」と語っていたが、帰国後最初の試合がJ1・2nd第9節・G大阪戦。1-0の完封勝利に貢献し、その後の神戸の2ndステージ優勝争いに火をつける一翼を担った。
 岩波は悔しさをバネに成長を追い求める。「新潟は(前節・)札幌戦で0-2から追いついたし、(第26節では)鹿島相手に一度は2-0にする力がある。油断することはできない」と力強く話し、アウェイ戦に集中していた。


(神戸担当 小野慶太)

2017/09/27 07:00

サッカー専門新聞エル・ゴラッソweb版 BLOGOLA 内の記事、写真、イラスト、動画、音声などのコンテンツについて
著作権法上の「私的使用」や「引用」の範囲を超えて使用する場合には、、株式会社スクワッドや当該コンテンツの著作権者の使用許諾が必要となります。

Copyright ©藤次郎 サーモンナイフ355mmF-817 All Rights Reserved.(C)2010-2012 SQUAD,inc. All rights reserved.
{yahoojp}nc03-yyp01-gui-zd-1894